今度の沖縄旅行!さぁ~てどの島に行く?

まさに天国!一面エメラルドグリーンの海がある久米島!

久米島は、最も美しい島ということで「珠美の島」と呼ばれています。久米島には、「はての浜」という今人気の高まっている、東洋一美しいといわれる浜が広がっています。360度真っ白なビーチに、エメラルドグリーンの海、それは誰もが一度は訪れたいと思ったことがあるであろう南国の、まさに天国のビーチです! 「はての浜」に行くためだけに久米島を訪れる人はあとをたちません。はての浜は、メーヌ浜、ナカノ浜、ハテの浜の3つの浜で構成され、その長さは7kmにも及びます。写真でも素晴らしい景色を見せてくれますが、それを一目見るといてもたってもいられないでしょう!日本とは思えない圧巻の絶景を是非堪能しに行ってみてください!

日本の最南端で日本一贅沢な星空観測、波照間島!

波照間島は日本の最南端の有人島であり、珊瑚に囲まれた静かな自然が広がっています。波照間島にも美しいエメラルドグリーンの海が広がり、シュノーケリングなども堪能できますが、波照間島といえば、日本で南十字星を観測できる貴重な島なのです!南十字星だけではなく、日本で一番星の観測できる場所でもあります。日本の最南端で夜の絶景を体験してみませんか? 波照間島のアクセスは、石垣島から高速船で1時間ほどです。しかし、天気や海の状況にかなり左右されるので、計画をしても行けないこともしばしばあります。そんなレア感もまた、波照間に憧れを抱くのかもしれませんね。周囲は14.8kmの小さい島ですが、サトウキビ畑の広がる沖縄らしい風景を楽しめるので、是非行ってみてください!